読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのおわり

日々を愛でる

蔑みや怒り

外界からの刺激に反応する前に,タイムアウトをとって感情を観察してみた.

そして,自分の心が,いかに蔑みや怒りに支配されているかを知った.

 

もちろん,私は,これらの感情を望まない.

しかし,抑えようとしても,それらはつぎつぎ湧いて出てきた.

 

なぜなのだろう…?

最近,やっとその答えが見えてきたように思う.

 

怖いのだ.

 

怖いのは,人から傷つけられることそれ自体ではない.

そうではなくて,傷つけられるかもしれないと感じる自分.

そうした弱さに向き合うことが,どうしようもなく怖い.

強さの欠如を覆い隠す手段が,私の場合は,蔑みや怒りの感情のようだった.

 

したがって,私は,相手を間違えていたようだ.

 

蔑みや怒りの感情を抑制しても,それは対処療法みたいなものである.

それらの感情は生じてしまうなら仕方がない.

そんなものは放っておいていいから,弱さに向きあうのだ.

 

弱さを直視できるだけの強さを味方につけた後に,蔑みや怒りがどうなっているか.

もやもや考えるのはそのあとで良い.