読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのおわり

日々を愛でる

強く生きろ

とある敬愛する先輩との別れ際に,ツヨクイキロ と言葉をもらったことがある.

実際,その時期,私は強く生き,心をすり減らしながらもそれ以上のものを得た.

その頃,強く生きるとはどういうことなのか,わかっていたような気がしていた.

 

しかし,振り返ってみて,今は,その確信は間違っていたと思う.

頭で思っていた強さと,体現した強さが,実は異なっていた.

 

この,強く生きた時期,私は実際もっとも弱かった.

はじめは,弱さを認めるだけの強さを持ちあわせていなかった.

しかし,弱さと向き合い,弱さを受け入れた後,すべてが変わった.

 

私は弱い,このたったひとことを理解することが,おそらく,強さである.

 

弱さを認めない者を,誰が本気で気にかけてくれるだろうか.

弱さを認めない者が,人の忠告や助言に心から耳を傾けられるだろうか.

弱さの深淵から目をそむける者が,どうして広い世界の全体を見渡せるだろうか.

 

思うに,もっとも怖いものは,怖いと知覚できないものだ.

つまり,弱さを弱さと認識できない弱さだ.

それは,じわじわと強さをむしばむ.それに気づくのは難しい.