読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのおわり

日々を愛でる

ドッジボール

diary star

小学生の頃,ドッジボールが流行っていた.

強い球を受け止め,また強く投げ返すのが当時の花形であった.

 

しかし私は逃げるのが専門だった.

最後のひとりになっても決して当たらない.

たまにしくじることもあったけれど.

 

コートと人の空間配置を認識して,そもそも相手から狙われないようにする.

狙われても,相手をよく見て,直感的な動きで球をよける.

球にはできるだけ触らないけれど,ワンバウンドした球は積極的に回収にいく.

 

楽しかったけれど,当時の小学生基準ではあまりカッコよくなかったと思う.

 

後年,英語を習い,"dodge"が「逃げる」という意味であることを知った.

もしかしたら王道を行っていたのは自分だったのかもしれない,とふと思った.