よるのおわり

日々を愛でる

お手紙

拝啓、と書いて、そこで止めにしておく。

誰に言葉をおくりたいのか、わからなくなってきたので。