よるのおわり

日々を愛でる

気づかぬふり

気づかないようにしておく,ということをしてみる.

それは,敗れることがわかっている勝負みたいなものである.

選べるのは,いつ敗れることにするか,ということくらい.