読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのおわり

日々を愛でる

笑い転げる

mind star

死にそうなくらい笑い転げられるのは子供の特権なのだろうか.

小さい頃,きょうだいと一緒に,よく,笑い遊び転げていた.
それこそ息がつまって窒息死しそうなくらい.
なにがそんなにおもしろかったのかは,おぼえていないけれど.

大きくなって,そういう機会はまずなくなった.
たまに,ケッサクなことがあって,涙がでるくらい笑う程度.

笑いっていうのは,ひとりじゃできない.
自分のなかになにかが入ってきて,それが心をくすぐる.

たぶん,小さい頃は,きょうだいと自分の境目があいまいだった.
だから,私のなかにきょうだいが簡単に入ってこられて.
そうして,おもいっきり心がくすぐられていたのだと思う.

今は,そういうのは,もう無理だろうなあという気がする.