よるのおわり

日々を愛でる

流される本

浜辺で本を読んでいた.
気づいたら膝くらいまで潮が満ちていた.
それにともなって本が流れ出していく.
水が染み込んだら沈んでしまう!と焦ったのだけれど.
よく考えたら,乾いていても本は水に浮かない.

そんな夢.