よるのおわり

日々を愛でる

都市の雷

シートで覆われた工事現場で溶接をしているようだった.
夕暮れの町に,ときたま鈍い明かりが閃く.
まるで,そこだけ雷が落ちているような.