読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのおわり

日々を愛でる

鷲峰山

普段は京都の北山ばかり走っているけれど,たまには気分を変えて南のほうに行ってみた.ルートはこちらを参考に.

山に入るまでは,普通に車が走っている道を行くことになり,ちょっと大変.瀬田川沿いが,のどかな川岸と京阪の小さな線路が並走していて,初夏の快晴でとても気持ち良い.何度かルートを間違えて行きつ戻りつしつつ (天ヶ瀬ダムまで出てしまったりした),メインの鷲峰山へ.

ちなみに,宇治の山は,北山と違ってスケールが大きくて,山の周りの裾野をぐるぐる回るような感じに道路が走っていた.
https://www.instagram.com/p/BHLBqgrhATp/
峡谷

鷲峰山までは平坦な道が多く,ふんふん楽勝ではないか,なんて思っていたのだけれど,鷲峰山の登りはかなり長くて,けっこうきつかった.行けども行けども山頂は見えず,もうちょっと……ああまだある……次こそ!……ああまだ登り……ということを延々と繰り返していた.

頂上にお茶畑が!と思って写真を撮ったけれど,実は登りはまだまだその2倍くらい続いたのであった……
https://www.instagram.com/p/BHLBvPlBZAT/
茶畑

鷲峰山の下りは,道があまりよろしくなく,枝や小石や隆起があちこちにあって,下りといえども気を抜けず.車通りもほとんどんなくて,登山者がひとりと,車を1台見ただけだった.携帯の電波もところによってはつながらない.若干心細いところ.

鷲峰山を下れば,あとは延々緩やかな下りが10-15 kmくらい,琵琶湖まで続いていて,登りで消耗した分,非常に楽なルートだった.途中に通ったトンネルは暗くてひやっとしていて,幽霊がでそうな雰囲気であった.
https://www.instagram.com/p/BHJsAyXhEoO/
滋賀県

走行距離は北山を走るときよりも長いのだけれど,平地が多いのと後半の長い下りのおかげで,消耗度合いはそれほどでもなかったような.
帰宅後は銭湯に行って,隅々まで体をのばしたのでありました.