読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのおわり

日々を愛でる

一瞬だけの光

バスの窓から見上げたマンションの7階くらいのところに、鳥よけのCDがたくさんぶら下げられていて、夕暮れの光をきらきらと反射していた。

 

電車の外には、遠くに、魚の皮膚みたいに光る空があって、淡い色の雲が細くシルエットになっていた。窓の外に過ぎていく水田が、その光を反射して、弱い光がさらさらと並走していく。