よるのおわり

日々を愛でる

ぜんざい

仕事が終わったあとにホームセンターまで行き,今度の調査に使えそうな道具を探した.そのあと,併設されているイートインに寄って,ぜんざいを一緒に食べたのだった.1日の終わりの日暮れどきで,まだ熱気がこもっているものの,だいぶ過ごしやすくなっていた.外の席に座ると,ぜんざいの冷気と,その弱った暑さが,ちょうど良いバランスになるように思った.

こちらのぜんざいには金時豆が使われているそうで,ぷっくりふくふくしていておいしい.氷のしゃりしゃりした舌触りに,やさしい黒糖の甘みがからまって,さっぱりしたおやつという雰囲気.ちゃんと専門店のぜんざいを食べに行かないといけないねと言いながら,夕暮れどきの公園をふたりでぼんやり眺めていた.

家に帰ってから,ゴーヤーのチャンプルーをつくり,贈り物にもらったハムを焼いて食べた.飲んじゃおうか…?と言いながらビールを出してきて,とりとめもないことや仕事のことを話し合いながら夕食にして,お風呂に入って,すぐに眠くなって,布団に入った.

なんでもないけれど,なんだか幸せな夕方.

広告を非表示にする