よるのおわり

日々を愛でる

名前のついたさみしさ

漠然としたさみしさはそれほど強力でない.
対象がいるときのほうが,かえって強かったりする.
私は,この現象をして「さみしさに名前がつく」と称している.