読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのおわり

日々を愛でる

時差ぼけ

時差ぼけと,慣れないベッドのせいで,睡眠が細切れになり,変な夢ばかり見る.

そうして見た夢のディテールは,目がさめたとたん,お風呂の栓を抜いたみたいにどこかに吸い込まれて消えていく.昨日と,3日前に見た夢の内容を,私はすでに思いだせない.それがなにやら普通でない夢であった記憶のみが残っている.

夢を捕まえておくには,文字を使う必要がある.

おととい見た夢だけが,かろうじてまだ輪郭を保っている.でもその内容は,文字にしてこんなところに記すのがはばかられるようなものだったので,きっとそれもいつか,するりと記憶から抜けおちていくことと思う.