よるのおわり

日々を愛でる

光る植物

 

温室の内側に小さな光が灯っていた.

 

ときは朝の4時半すぎ.

温室のくもりガラスがぼんやりと照らされていた.

 

たぶん,置き忘れの手持ち電灯か何かだろう.

だけれども,植物が光っているのだったら良いなと思った.

そんな,冬の博物館.